ガス給湯器交換

 

こんにちは。Gascoです。

 

朝に続いてまたもや奈良県での給湯器交換事例を紹介させて頂きます!

拠点は大阪のままですが、もっとタイムリーにお客様の元へ駆けつけられるよう、奈良県でも事務所を借りたいものです。笑

近いうちに奈良県にも事務所を構えられるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!!

 

では、給湯器の交換事例の紹介に移らせて頂きます!

 

ガス給湯器交換 前

■奈良県奈良市南永井町 K様邸

「資格の関係で何社か地元業者に断られてしまったので、見に来てください」

とご連絡を頂き、伺わせて頂きました!

【交換前 ノーリツ製 GQ-1601WM-FFA】

ガス給湯器交換

ノーリツ製の室内型給湯専用16号が設置されていました。

 

写真にある、給湯器の上から伸びている銀色の筒が、お湯を作る際に発生する排気を逃す役割を果たす排気筒なのですが、

この排気筒を設置・排気筒のついている給湯器を交換するには

『特監法』

と呼ばれる、国家資格を有する職人が施工をしなければなりません。

昔は無資格での施工が多かったようですが、一酸化炭素中毒などによる死亡事故が多発したことから、現在では有資格者以外の施工は認められていません。

なので、業者によっては施工が出来ないケースもある、ということになる設置タイプの給湯器です。

 

また、銀色の排気筒も

『SUS304』

という材質のものでなければ交換が必須となり、場合によっては大規模な工事になることもあります。

 

と余談を挟みましたが、K様邸では排気筒が指定材質のもので、劣化も見られなかったので、既設の排気筒のまま、給湯器の交換だけを提案させて頂きました!

「近所で交換された友人から聞いていた額の半分以下!」

ということと、資格証をお見せしたところ、当店にご依頼頂けました!

ガス給湯器交換 後

【交換後 ノーリツ製 GQ-1637WS-FFA】

ガス給湯器交換

既設給湯器と同じ、ノーリツ製の後継機種を設置させて頂きました!

 

排気筒の漏れもなく、試運転も順調に終了。

値段もお求めやすく、施工時間も早く、試運転時に漏れチェックを一緒にさせて頂いたことで、大変ご満足頂けたようでした!

 

お客様からの「ありがとう」が何よりの励み。

今後もお客様から感謝を頂けるよう、一つ一つ丁寧に頑張ってまいります!

 

 

‐‐‐‐‐‐‐

給湯器やガスコンロの交換が必要になったとき、どうしたらいいのかお悩みになるかと思います。

そんな時は、Gascoにご相談頂けましたら、エラー番号の内容や症状など含めて、ご相談預からせて頂きます。

 

 

『お湯が出ない』

『シャワー使っていたら急に水になった!』

『ガス会社が点検に来た時に交換を勧められたんだけど、実際どうなの?』

『火が付かなくなった!』

など、ちょっとした疑問でもご相談頂けますと喜んでご対応いたします。

 

給湯器やガスコンロ・レンジフード・水回りでお困りの際はぜひご連絡ください!

相見積の一つに加えて頂けますと嬉しく思います。

 

 

それでは、これからもよろしくお願いします!

 

 

Gasco 大阪店(https://gasco.co.jp/

営業時間:9:00~19:00(日祝除く)

電話番号:0120-914-626

☆営業時間外(19時以降/日祝)は下記アドレスまでご連絡ください。

メールアドレス:info@gasco.co.jp

☆Lineご利用の方は、下記アカウントまでご連絡ください。

LineID:@saw9614u

☆各種SNSにも事例アップしています!応援よろしくお願いいたします。

Twitter:https://twitter.com/Gasco39563510
facebook:https://www.facebook.com/gasco.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/gasco51/
アメブロ:http://ameblo.jp/gasco2017/