耳寄り情報

  1. HOME
  2. 耳寄り情報
  3. 給湯器交換情報
  4. エコウィルからエコジョーズへ交換 /激安給湯器交換のGasco(ガスコ)

エコウィルからエコジョーズへ交換 /激安給湯器交換のGasco(ガスコ)

エコウィルからエコジョーズへ交換 /激安給湯器交換のGasco(ガスコ)エコウィルからエコジョーズへ交換 /激安給湯器交換のGasco(ガスコ)のアイキャッチ

エコウィルからエコジョーズへ

 

こんにちは。激安ガス給湯器交換のGasco(ガスコ)です。

 

最近エコウィルの契約にある10年目点検を受けて、エコウィルの交換のご相談が多くなってきております。

その際、

「エコウィルからエコジョーズに交換すると、どのようなメリットがあるんですか?」

とご質問いただくことが多いので、簡単に記事にまとめさせて頂きました!

交換のご検討の際の判断材料としてご活用頂けますと幸いです!

 

エコウィルからエコジョーズへ 変えるメリットは?

とにかく導入コストが大幅に変わります!

が、エコウィルからエコジョーズへ交換するメリットについては最後にお伝えします。

 

その前に、簡単に違いについてご説明させて頂ければと思います!

長くなりますので、金額差を知りたい方は途中すっ飛ばして最後の部分を読んで頂けますと幸いです!

 

そもそも、エコウィルって、普通の給湯器と何が違うの??

お問い合わせ時、このご質問を頂くことも多くなってきております。

 

まず大きな違いは

『ガス発電するか否か』

の部分にあります。

普通の給湯器は発電しません。

対して、エコウィルは発電した上で、お湯も作れる優れものなんです。

 

次に、お湯の作り方にも違いがございます。

普通の給湯器は、ガスを利用してお湯を作ります。

対して、エコウィルはガス発電時に発生する排熱を利用してお湯を作り、

家庭内にお湯を供給しています。

同じ給湯システムなのですが、

①普通の給湯器はガスで直接お湯を作る。

②エコウィルは、ガスで発電し、発生した排熱でお湯を作る。

という部分に大きな違いがあります。

 

『エコ』

の観点で見ると、エコウィルの圧勝です。

なんせ、電気も作ってお湯も作れますからね・・・

給湯器の交換を専門にしていて、圧倒的にガス給湯器の交換が多い我々からすると、

少し寂しい結果です。笑

 

じゃあ、エコウィル使っているなら、エコウィルとかエネファームがいいの??

次に、エコウィルと普通の給湯器のご説明をしていると必ず頂くのがこのご質問です。

こちらに関しては、さらにエコウィルについて詳しくご説明させて頂き、

その後のご判断、ということになります。

 

『エコウィルは発電もしてくれるので、エコでエコジョーズなんて敵わない』

と説明を受けたお客様もおられるようなのですが、

そもそも、エコウィルの発電は給湯時のみです。

 

なので、

『うちは湯はりしないし、おいだきもしない』

というお客様にとっては、導入コストに見合うものかどうかは慎重にお選び頂きたいところです。

 

ちなみに、エコウィルとエネファームの違いって??

最近CMで良く見かけるエネファームに関するご質問も多く頂いております。

こちらについてですが、どちらもガスで発電してお湯を作るタイプになります。

なので、一見同じに見えますが、次のような違いがあります。

エコウィルからエコジョーズへ

 

 

 

 

[エネファームの発電イメージ]

 

エコウィルからエコジョーズへ

 

 

 

 

 

[エコウィルの発電イメージ]

 

①発電方法

エネファームはガスを分解して燃料電池で発電します。
エコウィルはガスを燃料とするエンジンが発電します。

②メインの役割の違い

エネファームは「発電」をメインの役割としています。

エコウィル同様、発電時に発生する排熱を利用して給湯しますが、

給湯が不要な場合も、発電をしてくれます。

対して、エコウィルは「給湯」をメインとしています。

なので、先述の通り、給湯が必要でないと判断された時点で、発電もストップします。

③発電量

エコウィルは、1 Kwまで発電可能です。

が、 エネルギーの消費が少ない時間帯=給湯の必要がない時間帯に関しては、

発電がストップしてしまいます。

対してエネファームは700Wまでの発電となり、 それを超える分に関しては、

電力会社から電気を購入して使用することになります。

エコウィルとの違いは、給湯の必要性がない時間帯の発電も可能という点です。

 

上記のように、違いに関してはわかりにくい部分があります。

目に見える違いは、金額差です。

 

エコウィル交換(導入)費用:相場80万円前後

エネファーム交換(導入)費用:200万〜300万

 

発電型になるので、高額な費用がかかってしまうのが現実です。

なので、遅くなりましたが、エコウィルからエコジョーズへの

交換のご検討のご相談が急増しています。

エコウィルからエコジョーズへ

さて、遅くなりましたが、エコウィルからエコジョーズへの交換についてですが、

圧倒的に交換(導入)コストが抑えられます!

 

エコウィルからエコジョーズへの交換(導入)費用:32万程度

 

エコウィルと比較しても50万円程度の差額が、

エネファームと比較すると150万以上の差額が発生します!

 

また、エコジョーズ型なので、給湯器自身にも従来とは違い、

エコ機能が搭載されています。

※エコジョーズのメリット

エコジョーズに交換したら、ホントにお得なの?

 

エコジョーズのメリットについては、上記記事にて説明させて頂いておりますが、

エコジョーズ型は今までの従来型給湯器と比較すると、

13%ものガスの節約が実現できます。

 

導入費用以外のコストに関しては、月々のガス使用量によって金額変動いたしますが、

ご相談頂いたお客様の多くがエコジョーズへの交換をしておられます。

 

お客様個々人によって変化するガスの使用量が最後の決め手になりますので、

お気軽にお電話の上、ご相談頂けますと幸いです!

 

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-914-626 [お電話でのお問い合せ時間]9:00〜19:00(年中無休)

フォームでのお問い合わせはこちらから

必須お名前
ふりがな
必須電話番号
必須メールアドレス
郵便番号
必須ご住所
  • 都道府県
  • 市町村・番地
添付ファイル
必須具体的な状況・ご相談内容

——————–

Gasco

営業時間:9:00~20:00

電話番号:0120-914-626

☆営業時間外(19時以降/日祝)は下記アドレスまでご連絡ください。

メールアドレス:info@gasco.co.jp

☆Lineご利用の方は、下記アカウントまでご連絡ください。

LineID:@saw9614u

☆SNSにも事例アップしています!応援よろしくお願いいたします。

Twitter:https://twitter.com/Gasco39563510

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。