給湯器交換注意点

 

 

 

こんにちは!住設交換のGascoです。

最近、給湯器の交換のお問い合わせを頂く時、

「どこどこは◯◯円だった!」

と、とんでもない金額の見積額を耳にすることが増えてきました。

正直、仕入れ代金除くと工賃いただけないような価格の場合も増えてきました。

 

が、お客様に

「見積もり内容、追加は発生しない内容になっていますか?」

とご質問し、確認して頂くと、

「Gascoさんに言われた部材を入れると一気に価格が上がった」

や、

「本体新品やと思ってたけど、展示品引き下げやった」

「中古品の交換価格やった」

や、ひどいところだと、

「工事費用は別やったわ」

という話を聞きます。

 

給湯器本体が安くても、リモコンが高額であったり、

工事費用の他にかかる消耗部材や配管保温は別料金であったり、

法律上必要な部材が付属されていなかったりするので、

お見積もり内容のご確認と、必要項目について、

知って頂きたいと思い、記事にしました。

 

お手すきの際にお目通し頂き、ご参考いただけますと幸いです。

給湯器交換注意点 見積もり内容について

給湯器交換注意点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『激安給湯器!』

数年前までは東京ガス・大阪ガスを始めとした、

ガス供給事業者のサービスショップで交換することが

当たり前であった給湯器が、現在では弊社のような『激安給湯器』

を文言に取り入れた業者での交換が多くお客様から

ご支持いただくようになりました。

 

従来、高額な設備投資が必要であった給湯器の交換ですが、

弊社のような業者が多くなった昨今、以前に比べて

大幅に費用が抑えられるようになりました。

 

がその反面、業者の数が多く、価格競争に陥り、

安価な見積もりが多く提示されるようになりました。

そのため、提示された見積もり内をよく確認し、

施工当日に追加費用が発生しないかをよく確認することが重要になってきています。

 

多くの給湯器の見積もりは

  • 給湯器本体代金
  • 給湯器対応リモコン代金
  • 標準(基本)設置工事費

の3点のみを含むものとなっております。

 

最近、ビルトインコンロの交換でお伺いした際に、

「給湯器交換したんやけど、現場で配管交換代とかで

 結局1万円近く追加費用かかったわ」

というお話もお受けいたします。

 

現場でサービスで行ってくれる追加工事もございますが、

サービスになる工事内容や金額は業者によってまちまち。

なので、ご依頼される前に、見積もり内容と追加費用の発生の有無、

本体・リモコンの交換以外に本当に交換が必要なものがないのかを、

しっかりとご確認いただくことが重要になってまいります。

給湯器交換注意点 含まれていないことが多い項目

ここでは、見積もり項目に記載されておらず、

実際に施工当日に追加費用を請求されたという話に

もっとも多い項目を紹介させていただいております。

配管交換工事

給湯器は、ガス・水・湯の配管を基本に、追い炊き配管やふろ配管、暖房配管を利用して、

給湯器で作ったお湯をご家庭内で利用できるように送っています。

そのため、給湯器の種類によってまちまちですが、配管の交換が発生すると

現場で思わぬ追加費用が発生することも。

一口に配管と言っても様々です。下記は主な追加費用の発生する配管工事です。

ガス配管交換工事

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のような配管を、ガス可とう管(LPGの場合はメタルホース)と呼び、

基本的には10年以上経過したものは交換の対象となります。

が、交換必須と明確に定められているわけではないので、

多くの交換業者は見積もりに含まれておりません。

というのも、ガスフレキ配管と呼ばれるガス配管の場合、

写真のような可とう管を使用せず配管が接続されており、

必ずしも全戸に当てはまる項目ではないことが理由となります。

 

そのため、お下見をご希望されないお客様に関しましては、

写真をご提供いただくか、写真をご提供いただけない場合は、

現場で交換時に追加費用が発生する可能性があることをご了承の上、

ご依頼いただくように心がけています。

給水・給湯配管交換工事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給湯器は、水をガスでお湯に変え、屋内に供給しています。

ですので、当然ながら給水配管と給湯配管が存在することになります。

主に、写真のようなフレキ配管を利用して給水・給湯されていますが、

稀に銅配管を給湯器に直接接続し、配管を切断して写真のような

配管を用いて給水・給湯をできるように変換が必要な場合がございます。

この場合、弊社では現場お下見させて頂き、

工事費が必要な場合はお見積もりに含めさせていただいております。

が、施工当日になって追加費用を請求されることがございます。

 

通常、20センチ程度のものや、フレキ配管だけの交換で済む場合は

追加お見積もりを必要としないのですが、距離が長い場合は、

配管の支持も必要になってくる場合は、使用する部材も代わるため、

別途費用をちょうだいしております。

 

現場で追加がかかる場合、状況によっては高額な費用が発生しますので、

ご依頼前に必ず費用がかからないかどうかご確認くださいませ。

配管保温工事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に給水・給湯配管に施す保温処理ですが、

これも業者によっては標準設置工事費に含まれていないことがあるそうです。

大方の業者は標準設置工事費に含めておりますが、

稀に含まれておらず、施工後に

「配管の保温巻いてください」

と話すと、金額を請求されることも。

滅多にないことではありますが、ご確認頂きたい項目です。

ドレン排水工事

茨木市耳原にて給湯器の交換

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコジョーズ型給湯器へ交換される際は、必ずご確認ください。

現在、エコジョーズから排出されるドレン水に関して、

ガイドラインが定められており、そのガイドラインに沿った施工が必要となります。

また、配管を給湯器に繋いでも、エアコンのように垂れ流しはNG。

雨水または汚水配管に連絡するように工事が必要となります。

弊社では見積もり内にあらかじめ項目として記載させていただいておりますが、

施工が始まってからドレン配管の工事を追加で請求されることがあるようです。

見積もりに項目として記載されていない場合は、

必ず業者連絡の上、再度見積もりをお願いするようお願いいたします。

取付部材関連工事

マンションPS取付枠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションにお住いのお客様限定ですが、

マンション玄関横にあるPS内に給湯器が設置されている場合、

後継機種でも、給湯器をPSに取り付ける為の金枠が別途必要となります。

こちらの部材に関しては、流用ができない場合は必ず交換が必要となりますので、

見積もりに記載がない場合は、必要性の有無を必ずご確認ください。

循環アダプター・ふろアダプター

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真は高温水供給式もしくはGQH型暖房付き給湯器の循環アダプター

給湯専用・暖房専用を除く給湯器をお使いのお客様で、

特にノーリツ製高温水供給式・暖房付き高温水供給式GQH(旧品番YG)の交換の場合、

ふろアダプターの交換が必須となります。

そのため、見積もりにふろアダプターの項目が記載されているかご確認ください。

また、循環型ふろ給湯器の循環アダプターは交換が必須ではないので、

通常お見積もりには記載されておりません。

ですので、交換をご希望の際は、交換希望の旨をお伝え頂き、

再度見積もり提示をお願いするよう、お願いいたします。

配管カバー

大阪市住吉区大領エコジョーズ給湯器交換

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配管カバーとは、給湯器下の配管接続部分を隠すカバーのことを指します。

※据え置き型給湯器の場合は、給湯器向かって左側にカバーを取り付けます。

必ず必要な部材ではないのですが、

  • 路地に面しており、いたずら防止したい場合
  • 日差しを直接受ける場所に給湯器が設置されている場合

は、配管カバーをおすすめしております。

配管カバーには

  1. 配管の劣化
  2. ガスコックなどへのいたずら防止
  3. 配管を隠すことによる見た目への対策

等のメリットがございます。

交換前の給湯器に配管カバーが設置されている場合は、

新しく給湯器を交換する時も交換されることをおすすめしております。

排気カバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

排気カバーとは、給湯器に排気の方向を変える部材になりますが、

排気には「離隔距離」と呼ばれる、前方障害物もしくは、

通行場所への距離が60センチ必要になります。

上記の距離を確保できない場合は、上方又は側方、斜方への排気変更が必要で、

設置状況によって金額が変動する部材となります。

 

以前は明確に必要とされていなかったこともあり、

60センチ確保出来ていなくても取付されていない場合がございますが、

ここ近年法整備などもあり、現在は満たさない距離の場合は取付必須となります。

こちらも、通常の見積もりには含まれませんので、

下見依頼前に金額変動幅を確認し、下見依頼するようお願いいたします。

排気筒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給湯器前方から上に向かって伸びているのが排気筒です。

こちらは通常は流用できるのですが、

「SUS304」

と呼ばれる材質のものの使用が設置されていなければ、

排気筒の交換も必要となります。

交換が必要となった場合は、距離や配管のルート、

筒の太さで金額が変動しますので、

必ず下見の上見積もりしてもらうようお願いいたします。

最後に

細かな部材などの追加で、気づけば当初の予定額から

大きく変更となってしまうことが多いです。

面倒ですが、細かな項目までご確認いただけますと幸いです。

また、ご不明な点はご確認頂き、すっきりとした気持ちで

ご依頼いただけますと幸いです。

 

弊社もお見積もり・お下見無料ですので、お気軽にご相談ください!

 

 

LINE追加はこちら☆

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-914-626 [お電話でのお問い合せ時間]9:00〜19:00(年中無休)

フォームでのお問い合わせはこちらから

お名前必須
ふりがな
電話番号必須
メールアドレス必須
郵便番号
ご住所必須
  • 都道府県
  • 市町村・番地
添付ファイル
具体的な状況・ご相談内容必須

――――――

Gasco(https://gasco.co.jp/

営業時間:9:00~19:00

電話番号:0120-914-626

住  所:大阪府大阪市天王寺区上汐3-1-25 モリビル5F

☆営業時間外(19時以降)は下記アドレスまでご連絡ください。

メールアドレス:info@gasco.co.jp

☆Lineご利用の方は、下記アカウントまでご連絡ください。

Line:LINE追加はこちら☆

☆SNS一覧

Twitter:https://twitter.com/Gasco39563510

Facebook:https://www.facebook.com/gasco.co.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/gasco51/?hl=ja

激安でガス給湯器・ビルトインコンロ_レンジフードの交換するなら、

Gascoにお任せください。

安さだけではない、丁寧な施工をお届けします。

完全有資格者による施工ですので、手抜き一切なし。

お気軽にお問い合わせください。